広島風-お好み焼き[博多- 八昌]ところ変われば

トップページ >> お好み屋記 >> ところ変われば

【2009.09.11】ところ変われば

この頃、各県ごとの珍しい『ご当地ネタ』を扱うテレビ番組って多いですよね。
特色のあるご当地グルメ、建物、慣わしなど、見てると「へえー!?」ってことが結構ありませんか。
広島出身の僕も福岡に住んで驚いたことが、いくつかありました。
地名もその一つで、前原、春日原、白木原…バルと読むことにびっくりしました。
広島では、三原(ミハラ)、竹原(タケハラ)、庄原(ショウバラ)と、まあ普通の読み方をするわけです。
宗像、野芥、志免、直方…、変わった読み方をする地名って多くないですか?
一方、広島では、薬研堀(やげんぼり)、戸坂(へさか)、江波(えば)、己斐(こい)、三次(みよし)
あたりがそれでしょうか。

ところで、広島のお好み焼にも独特の名称、言い回しがいくつかあるんですよ。

『ちゃんぽん』 普通こちらでは長崎名物のちゃんぽん麺ですが、広島のお好み焼店で注文すると、
ソバとうどんが合い乗せになったボリュームたっぷりのお好み焼がでてきます。              鍋物の締めに入れるちゃんぽん玉ではないので、ご注意を。

『イカ天』 イカの天ぷらじゃないんですよ。干したのしイカや練り物を揚げたものです。乾き物の
おつまみとして売ってたりするあれです。こちらでは、スルメと言うこともあるみたいですね。
ソフトタイプとハードタイプがありまして、うちはソフトを使っています。(コンタクトレンズみたい?)

『三枚』 豚の三枚バラ肉のことです。串焼き屋さんの多い福岡では、豚バラと言った方が通りが
良いようです。
「お好み焼に、三枚のせてえや」「いや、たった三枚じゃのおて、三枚は四枚なんよ」なんて少々
ややこしい会話も。

まだまだ、こちらの方々には馴染みの薄い食べ物なので、このあともいろいろな小ネタをご紹介でき
たらと思っています。

お好み屋記トップへ ↑

お好み焼博多-八昌

〒810-0073 福岡市中央区舞鶴1-9-23エステートモア舞鶴201号 TEL/FAX:092-753-8444※お持帰り可
営業時間
【平日】
※夜のみ営業です         18:00-22:30(L.O.)お好み焼は22:00
【土曜日】
11:30-14:30(L.O.) 17:30-22:00(L.O.)お好み焼は21:30

【日・祝日】
11:30-14:30(L.O.) 17:30-21:30(L.O.)お好み焼は21:00
店休日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌火曜日)

お好み焼博多-八昌

〒814-0002 福岡市早良区西新4-6-6 ロマネスク西新第5-1F TEL/FAX:092-842-0008※お持帰り可
営業時間
【平日】
11:30-14:00(L.O.) 18:00-21:30(L.O.)
【土曜日】
11:30-14:30(L.O.) 17:30-21:30(L.O.)

【日・祝日】
11:30-14:30(L.O.) 17:30-21:00(L.O.)
店休日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌火曜日)